会社情報
company

ごあいさつ
Message

私たち本間技建株式会社は、1987年3月に設立以来、お客様の安全、安心を土や地盤を改良し支える企業としておかげさまで30年を超える年月を歩んでまいりました。

近年、豪雪、猛暑などの異常現象、地震等による自然災害が各地で発生し、甚大な被害が起きており、国土強靭化対策がより一層求められています。

当社は災害に強く快適な国土づくりを目指し、社会インフラの整備・更新に対応するため、品質・環境技術に更なる磨きをかけ、誠実に真剣に取り組んでまいります。そして、少子高齢化社会を迎え、技術の伝承や人材の確保育成に取り組みながら働き易い職場環境を推進し、「地域社会の守り人」として建設業の使命の一翼を担っていく所存です。

今後とも本間技建株式会社を御愛顧いただきますようによろしくお願い申し上げます。

本間技建株式会社 代表取締役 社長 西村 晋 Susumu Nishimura

会社概要
会社概要

社名 本間技建株式会社
所在地 〒950-1104 新潟市西区寺地983番地3
TEL(025)233-6181(代表)
FAX(025)233-6185
代表者 代表取締役社長 田邊 隆雄
設立 昭和62年3月3日
資本金 2,000万円
受注高 1,006百万円(2018年度実績)
売上高 1,266百万円(2018年度実績)
従業員数 36名(2019年4月現在)
目的 1.土木及び管工事の請負
2.測量調査設計及び監理
3.建設用各種機械の賃貸
4.前各号に付帯する一切の事業
営業種目 ◆地盤改良工事
・DJM工法(粉体噴射撹拌工法)
・DM工法(ダブルミキシング工法)(スラリー撹拌工単軸施工)
・PB工法(パワーブレンダー工法)(中層混合処理工法)
・CPG工法(コンパクショングラウチングデンバーシステム)
・GIコラム工法(スラリー撹拌工単軸施工)

◆地中連続壁工事(山留め壁、止水壁等)
・TRD工法〈等厚式ソイルセメント地中連続壁〉

◆泥土処理工事
・MUDIX工法(連続式泥土処理工法)
加盟団体名 ALiCC工法研究会、CGI工法研究会、DJM工法研究会GIコラム研究会、RASコラム研究会、TRD工法協会静的圧入締固工法(CPG工法)研究会泥土処理研究会新潟県土質改良組合パワーブレンダー工法協会無排土孔壁工法研究会
許可・登録 特定建設業:新潟県知事許可(特-28)第44981号
土木工事業、とび・土工工事業
ISO9001 : 2015 MSA-QS-2106
ISO14001 : 2015 MSA-ES-195

品質・環境への取り組み
ISO

当社はISO9001、ISO14001の要求事項に基づき
品質・環境マネジメントシステムを確立し、
運用しています

品質・環境方針

本間技建株式会社は、水と緑豊かな自然を22世紀に引き継ぐために、『地球環境の保全に貢献し、より良い品質・環境技術の構築を進め、顧客及び利害関係者の満足を得る』ことを基本とし、当社が取り組む特殊工法を通じて人間性と技術を磨くことで、社会とお客様に満足感を与える社会基盤を創造していきます。

品質・環境マネジメントシステムの有効性を継続的に改善することによって、顧客満足の向上及び環境に配慮した持続可能な循環型社会形成を目指した活動を推進します。

  1. 要求事項を満足した製品を提供し、顧客満足度の向上に努める。
  2. 技術立社を目指し、人材育成及び技術、技能の研鑽に努める。
  3. 省エネルギー・リサイクル及び地域環境の保全に努める。
  4. 事業活動での環境影響を評価し、有益な活動を推進し、汚染の予防に努める。
  5. 環境法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。